M女 セフレ

M女な私が体験した人には言えない御主人様とのセフレ関係…

私、人には言えないある体験をしてるんです…。

 

実は私にはちょっと特殊な性癖があります。
それは…マゾヒストである、ということ。
恥ずかしくてリアルでは誰にも言えず、そのために恋人とのセックスもうまくいかずにすぐ別れてしまう毎日でした。

 

マゾヒストと自覚したのは10代の半ば頃で、そのころから出会い系のようなアプリを使ってみようかな、ってちょっと思ってたんです。
でも、なかなか怖くて。
ずっと悩みながら20代になりました。
そして大学の卒業が決まったときに思ったんです。
いまがチャンスかもって。
単位も足りてるから何かが起きても卒業もできるし、内定も何社か頂いたしって。

 

そんな不安でいっぱいの気持ちで使ってみたアプリ…
自分の悩みは全くの無駄でした。
迷惑メールがたくさん来たりということもなく、アプリ自体もすごくわかりやすくて。

 

>>近所でセフレとしようと思っているならアプリで即会い

 

「いじめてくれる男性をさがしています」
というシンプルな書き込みだったにもかかわらず、何人かの男性が連絡をくれ、その中で好印象だったのが後の私のセフレ、御主人様だったのです。

 

御主人様とはなんどかメールをやり取りし、電話をした後に、会いました。
かなり緊張してたんですけど、ちょっと拍子抜け。
スマートで普通の安心できる方でした。
しばらくぶらぶらして、いよいよホテルに…。

 

ホテルに入った瞬間からセフレだった彼は御主人様に変貌しました。
最初の命令は今でも覚えています。
「服を全部脱いで、土下座で挨拶しなさい。そのあと尻をこちらに向けなさい」

 

ドキドキしました。
半泣きになりながら服を脱いで土下座…目の前に御主人様の靴が見えた時非日常感に頭がくらくらして、思わず靴に口をつけてしまったんです。
命令にはなかったことなので、怒られました。
「初めだから優しくするつもりだったのに、悪い子だ」
私、この言葉を望んでいたのかもしれません。
御主人様にお尻を向けた時はすでに足を伝うほど濡らしてしまっていました。

 

そこからのプレイは、もう夢のようでした。
アプリに本当に感謝しています。
今でも彼とは続いています。
一見本当に普通のセフレなので、友達にも紹介したりとか…。
夜になると、御主人様。
私の理想です。
実は、彼ともう少しで入籍するんです。
セフレから名実ともに御主人様になります。
本当にあの時、勇気をだしてよかった。
【宮城県|20代|女性|OL】

M女な私が体験した人には言えない御主人様とのセフレ関係…関連ページ

簡単に肉体関係を見つける方法があり驚きました
セフレを作るために社会的地位を失うわけにはいかないのです。 そこで、あまり個人情報を漏らさずに相手を見つける方法を探しました。 ネットを中心に調べてみたところアプリを利用することが手っ取り早いようでした。
中イキしたい20代女性と出会い系サイトを使って近所で会えた
出会い系サイトのプロフで、中でイったことがないのが悩みだとカミングアウトしていた、24才のAさんとは、サイト内での雑談を二週間ほど交わした後、出会いました。